シーアスパラガスとは?栄養価が高い?アスリートにもいい!?

シーアスパラガス

シーアスパラガスをご存じでしょうか。
日本では北海道の厚岸湖で発見されたことから、厚岸草と(アッケシソウ)という名前がついている野菜です。

いろんな食べ方ができるシーアスパラガスについて紹介していきたいと思います。

シーアスパラガスの特徴

海水で育つため塩味が強い野菜です。

日本では絶滅危惧種に指定されているため、スーパーなどにほとんど出回っていないのですが、ヨーロッパの方では一般的に食べられているんだとか。

主に、ヨーロッパや北アメリカ、アジアなどの寒帯地域に生息しています。

(ちなみに、このブログのレシピに使用しているシーアスパラガスはイスラエル産でした)

シーアスパラガスの旬はだいたい4月頃から9月頃まで。

シーアスパラガスの栄養

シーアスパラガスはビタミン類、ミネラル類、アミノ酸が豊富!

・ビタミンA
皮膚や粘膜を健康に保つ、抗酸化作用など

・ビタミンB群
糖質や脂質など、食べたものをエネルギー源に作り替える(代謝)ために必要
疲労回復など
(糖質などをしっかり摂っても、ビタミンB群が不足すると、運動に必要なエネルギーを作り出せない)

・鉄
酸素を全身に運搬する
(アスリートは不足しやすい。不足すると疲れやすくなる、持久力の低下など)

・マグネシウム
歯や骨を作る、強化する、
アミノ酸を活性化し、たんぱく質の合成を助けるなど

・カルシウム
歯や骨を作る、強化する
筋肉や神経の興奮の抑制など

他の野菜との比較(100gあたりのカルシム、マグネシウム含有量)

カルシウム マグネシウム
シーアスパラガス 120mg 97.5g
小松菜 170mg 12mg
ほうれん草 49mg 69mg
チンゲン菜 100mg 16mg

シーアスパラガスの食べ方

最初にもお話しましたが、海水で育つため塩味が強いです。

食べる際は、茹でて塩抜きをした方が良いです。

塩抜きをしても、塩味は残るので味付けは薄めに!

 

シーアスパラガスのレシピはこちら↓ (レシピを更新した際に、こちらにも掲載します)

シーアスパラガスとトマトのサラダ
シーアスパラガスとトマトを使ったサラダのレシピを紹介します。 あと一品なにか欲しいな~っていうときにおすすめ! シーアスパラガスについてはこちら 1人あたり 74kcal たんぱく質:...
シーアスパラガスと金柑のサラダ
シーアスパラガスのサラダ第2弾! 金柑を使ったサラダを紹介します。 1人当たり 33kcal たんぱく質:0.5g 脂質:0.3g 炭水化物:7.6g 材料 2人分(小鉢) ・シーアスパラガス    ...
シーアスパラガスの納豆和え
シーアスパラガス第3弾! 今回は納豆を使ったレシピです。 1人あたり 65kcal たんぱく質:4.4g 脂質:3.5g 炭水化物:4g 材料 2人分(小鉢) ・シーアスパラガス   30g ・納豆...

 

 

まとめ

栄養の項目で記載したように、シーアスパラガスはアスリートにとって必要な栄養素が豊富に含まれています。

普段のサラダや炒め物に追加するだけで、十分美味しく食べられるので簡単!そして栄養も豊富!

もちろん、塩分も多いので食べ過ぎには注意してください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました